読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録

忘れないようにあれこれメモる場所

新春Johnny's World 2015

帝国劇場で上演されているジャニーズワールド、通称ジャニワも今年で3年目。初年は11月から3ヶ月間も上演していたけれど、翌年のトニワは2ヶ月、そして今年は1ヶ月と段々期間が短くなってきている。演者のモチベーション的にもそれが限界のような気もするけど…。思えば初年はよく3ヶ月も頑張ったな。今年はSZから中島くん、佐藤くんが出演し、全体を引っ張っていってる。えびは引き続きそのサポート的な感じで出演。プロデューサーに錦織さん。全体を振り返りつつ、さくまくん中心に諸々と。

 

<一幕>

  • OP

10人サークルフライング。カラフルなポンチョみたいな衣装を着て登場。サマリーみたいだった。さくまくんは白の上下に白いベストを着て登場。メンバー紹介でSnow Manと名前が呼ばれる。これも初日はなかったようで、色々変更があるのがジャニワっぽい。メンバー紹介的な流れからパネルマジックからえびが再登場、すのは紫の上下に衣装チェンジ。

 

  • Not Enough

メインどころは全員赤い衣装で。すのは白衣装に中のシャツだけ赤プラス赤い手袋。さくまくんはステージ奥の階段の上でにこにこ笑顔で踊っていたのが印象的。This is ジャニーズワールド!でいつも塚田くんがやってた連続アクロの技を今年はさくまくんがやってた!昇格おめでとう!でも収録の日は塚田くんがやっていたらしい…。がんばれさくまくん。事故でSHOWが中断。錦Pが出てきてショーは続けるんだ!で勝利くんの水フライングへ。にこにこでノイナを踊っていたはずなのに、事故が起こり、照明が暗くなると、客席にやや背を向けた格好で、ジャケットを脱ぎ、ズボンからシャツを出してばっと潔く前を開け、強引にショーを続けさせようとする錦Pの周りでなめらかなダンスをするさくまくん。ノイナから一転急に悪役顔するところがえろくて堪らない。

次のショーのテーマは13月ということでジャニワのいつも通りの流れへ。

 

  • 1月:水太鼓

今年はJr.が水太鼓を。叩いた時に顔に跳ね返る水を嫌がる人とそうでない人がいて面白い。表情ばっかり見ていた。

 

  • 2月:雅 -Miyabi-

えび中心に。すのはいつもの黒の上に羽織るだけの着物みたいな簡素な衣装。塚田くんの経文をキャッチする係。えびが舞台の前方でフライングやら仮面をやっている最中は舞台中央奥で何やら布みたいなものを持って待機。さくまくん背が低いからなのか隣の阿部くんとかにそろえるためなのか布を自棄に高い位置で構えていたのが印象的。そしてそのまま何もせずにはけてしまう。後日橋本くんのダミーを宮舘くんがやっていたと聞いて絶対格好いいからそれはちょっと見たかったなと思う。

 

  • 3月:桜咲くcolor

SZ中心に。私は初年の百花繚乱が好きすぎるので何を見てもそれを超えてこない印象で参る。

 

劇要素の強い演出に。五関くんは船のスターダンサーに昇格していたおめでとう!船が氷山にぶつかり慌てた乗客(すの)が船長(宮舘くん)に詰め寄るシーン。さくまくんは客席から登場。セリフや衣装から察するに他のすのは上客なんだろうけどさくまくんは下級のお客さんなんだろうな。それにしても良く通る声で美しい。その後五関くんは後藤くんの演奏に合わせて踊るんだが私はこのタイタニックの五関くんのダンスが凄く好きで。なめらかで美しいのでいつかさくまくんもここを任されるくらいになってほしいなとかなんとか。

 

  • 5月:ヒンデンブルグ号

リポーターが戸塚くんから塚田くんへ変更。何で変更になったのか分からないけど塚田くんは元気な印象の強い人だから悲劇がどうのこうのをリポートさせるのに微妙なミスマッチ感があるなぁと。

 

河合くんが戦場カメラマンとして登場。なんだかよく分からないけど衣装がちんちくりんでちょっとかわいい。Jr.は団体行動みたいな軍隊っぽい印象のダンス。すのはベージュの上下でアクロ等披露。兎に角舞台が暗くて照明が欲しい。

 

  • 8月:終戦

 

  • 9月:オリンピック

えびが星形の大車輪でいつものように回る。Jr.は色んなスポーツの衣装を着て登場。戦争中から一転急に明るくなる。

 

  • 10月:フリースタイルバスケ

ガムシャラ~ドリボの流れのバスケを。すのは岩本くん深澤くんのみ出演。

 

  • 11月:竜神~ファンカッション

竜神の中に空気が入っていくさまがなんとも。ステージ上手で岩本くんが裸で太鼓をたたいているなにそれ。勝利くんの太鼓フライングを挟んでファンカッション。白い衣装に青色の襷をかけたみたいな衣装。何個か繋がっている太鼓を自分で動かしながら叩いたり場所を入れ替わったりとぐるぐるめまぐるしく動きながら兎に角叩く。さくまくんは阿部くん岩本くんとの並びが多くて、小さくて可愛かった。身長差萌としては美味しい並び。叩いている時の顔が真顔を通り越して悲しそうに見えて何だかとても心配になった。のちにダンスクでふぁんのひとからも心配されているepが語られるけどあれは心配になるだろうってレベルの表情、良くも悪くもさくまくんのあんな表情見たことなかった。おつかれさま。ファンカッションの間にタップを挟むんだけどさくまくん絶対苦手な気がする。全身の力を込めて力強く床を踏み締めていたが多分タップってそういうダンスじゃない(笑)とPZにてボスのタップを見ながら思った。あんなにダンス上手なさくまくんも苦手なダンスあるんだなぁと感慨深く見てた。本人得意と思ってたらごめん。

 

えびvs中島くん。すのはえびのチームで黒ベースに赤っぽい甲冑(簡素め)。水を使った演出もそのまま。濡れながら髪を振り乱しながらの殺陣は圧巻。特に今年は河合くんの髪が凄く長くて、他のところでは鬱陶しいくらいなんだけど、この時ばかりはそれが逆にカッコよさを増幅させていた印象。さくまくんがやりに刺されて死ぬ時に何故か戸塚くんがさくまーーー!と叫んでくれる。他の子はそんなことないのになんで(笑)でもおいしいかも。

 

<二幕>

  • ブレイキング

マリウスくんの歌~ちびJr.がわらわら出てきて~の流れでブレイキングへ。カラフルな長袖の上に白の半袖のユニフォームみたいなのを重ねた衣装。さくまくんはオレンジ色の長袖の衣装だった。基本的に下手で踊っていたけれど高橋くんのいない日ではセンターで踊っていたこともあったらしい!それは高橋くんの次に踊れるってことだろうか!評価されているのだとしたらとても嬉しい。さくまくんは空中を舞っているイメージの強い人だったから、地を這うブレイキングはどうなんだろうと思ったけど、とても器用にやりこなしていた流石。でも上手く回れず失敗してその場に寝転んでにこにこしていた日もあったみたい。

 

  • SPACE TRAVELERS

えびはMVの衣装。すのは銀色の衣装で何となく宇宙感。腰に透明のスカートみたいなぺらぺらがついててかわいい。盛大にアクロバットをかましながら踊る。運動量が多くて大変そう。その後、宇宙船の隣上手側で待機。割と皆はぁはぁ肩で息をしている感じだけどさくまくんは微動にせずに体力とは。なんやかんやあってえびとJr.が宇宙船に乗り込み、なんとそれをすのが人力で回す。車輪はついてると思うけど重労働感すごい。

 

中島くん3重人格芝居。上手側でさくまくんは阿部くんとサークルフライング。先に刀が刺さったままサークルに凭れてだらんとしている(死んでいる)さくまくんが少しだけ上げられるんだが、サークルを一切持っていないのでどこを起点にしてそんなに力を抜いているの?と思った。その後阿部くんが刀を持って行って、ふたりでフライング。さくまくんが上で阿部くんが下。さくまくんのサークルは阿部くんの重みでずっと垂直を保っているんだけど阿部くんのサークルは阿部くんの動きに合わせて動くのでなんとなく下を担当している人の方が大変そう。肩だけで体重を支えたり、足だけで支えてひっくり返ったりとポージングはふたりとも多彩。下手ではだてなべでおんなじようにフライングしてると思うんだけどごめん見れてない。

 

すのの出ていたところだけ以下かいつまんで。

 *デカメロン伝説

衣装は銀色のまま。錦Pとえびと一緒にダンス。急にまた明るいテイストでにこにこして踊る。愛してる(君だけ)のところで橋本くんから指さし貰ってにこにこなさくまくんがひたすらかわいかった。

*STRIPE BLUE

河合くんとアイコンしてにこにこするさくまくん。えびとの曲は楽しそうでとてもいい。全体的には爽やか仕上げなのに、抱いて強く~で自分を抱きしめるさくまくんはR18。縦縞のシャツが似合うね~の腰振りもえろい。

 *ずっとLOVE

ステージ上段にえびで下段にすの。これもさくまくん全体的ににこにこで踊る。最後塚田くんと日替わりで色々していたらしい。私が行った時は肩組んでにこにこしてたなぁ。かわいいしか感想が出てこない。

 

  • 闇を突き抜けて

今年の闇突きは脱がない。黒のタンクトップにパーカーという衣装。ダンスの途中でパーカーが捲れて片方の肩が丸出しになるさくまくん。ダンスの途中で何度も直すポジがあったように思うんだけど、それを最後まで出したまま踊ってくれてありがとうヘルシーセクシー。

 

  • Let’s go to Earth

なんやかんやあって丸く収まる。13月は皆の心の中に。全員白スーツの上下。襟にきらきらがついてる。振りはそのまま。両手を打ち合わせて上体を反らしたり、きゅっと短いストロークでしゃがんだりする振りのところが好き。さくまくんはやや視線を上げて踊ってるような気がした。2階と1階の間辺りを見てたのかな。

 

  • CAST紹介

ひとりずつ紹介される。すのはUSAダンサーさんと一緒に。さくまくんが片目をぎゅっと瞑ってダンサーさんがY字バランスとかを決めているのを両手指さししてたのがすごくかわいかった。私はさくまくんのぎゅっとつぶれた全力の笑顔が好き…。躍り終わった後、チーク塗ったみたいにほっぺたピンクですごくかわいい。色白の特権。まだまだ踊れそうな表情のまま幕閉まってった。体力とは。

 

  • お見送り

2日目から…かな。1階えび、2階すのでひとりずつ扉の横に立ってお見送りをすることに。途中から岩本くん、深澤くんは1階担当に。河合くんはひとりステージに残ってアナウンスをしている。河合くんの喋りが面白いのと河合坦のひとは残っていたらずっとしゃべってる河合くんを見ていられるし終わってもすぐに出ずに結構客席に残っている人も多かった。私は○○くんのところから出たいというのが誰しもあるし、そうすると空いているところと凄く混んでいるところが出てきて結局時間が凄くかかるので、最終的にはどこに誰が立っているか分からない状態になる。いわゆるお見送りガチャの誕生。勿論私はさくまくんのところから出たかったけれど、何処にいるのか分からないので一番近かった5番扉から出たところ、阿部くんだった。近くで見るとすごく背が高いそしてすごく細い!目の前をそんなに阿部くんに興味がないのか皆さん割とすんなり通っていて、そんなお客さんを阿部くんも割と機械的にありがとうございますと声をかけて見送っていた。折角なのでかっこよかったですと声をかけると阿部くんははっとしたように急にきりっとした顔になってありがとうございますとややてんぱった感じで応じてくれた。さくまくんの扉から出られなかったのは残念だったけど阿部くんはとっても好青年だった。これからもさくまくんと仲良くしてください。

 

ざっと振り返って見ると今回のジャニワはガムシャラの流れを大分汲んでいるらしいがガムシャラに行っていない上に放送もきっちり見ていない私からすると新鮮な部分が多かったな。ジャニワ自体ストーリーがトンチキで最終的に?って感じなんだけれど、去年のトニワがそれに輪をかけて大分?要素が強かったのでタイトルとともに初年度に戻った印象が強い。残念だったことで言えば、2幕のはじめのマネキンとのダンスをさくまくんが担っていたのだがそれがそっくりなくなっていたこと!今回は全体的ににこにこ元気に踊る曲が多かった印象で、その分魅せる系のダンスが少なかった気がする…。来年は是非またあれを見たい。